会社の運転資金が足りない、大きな負担は固定費

お金がほしい
私は会社を経営しています。
起業したばかりの頃は妻と二人でコツコツ会社を運営していました。
3年もすると、売上もあがり、徐々に軌道に乗ってきたので、社員を採用することになりました。採用したばかりの頃はそれなりにお金もあったのですが、リーマンショック以降どうしても売上が落ち込み、ギリギリの状態が続くようになりました。

そんな時に辛かったのが、社員を採用したがために、毎月数十万円のお金が嫌が応にも消えていくことです。売上が下がろうとも関係ありません。毎月、口座残高とにらめっこの日々でした。

ところが、ある日、大きな契約を成立させることができました。
このおかげで私の会社もついに良い状態に上方修正できる。という時だったのですが、運転資金がついに底をつきてしまいました。

社員に給与も払わなくてはならない、家賃、その他経費も膨大にかかるため、数百万円たりなくなりました。来月になれば、なんとかなるけど、今どうしようもない。今月だけあれば、という無念さしかなく、途方に暮れていました。

そこでお金を借りることでしか解決できないと思い、銀行などまわることになりました。
まず、銀行では私の給与を低く設定していたため、借金ができませんでした。
次に、消費者金融も考えましたが、「消費者金融」という言葉にとても抵抗があり、悩みましたがやめておくことにしました。最後に身内に一旦お金を借りて翌月に返金するという方法が一番いいのでは?と思い、私の身内にあたることにしました。その結果お金をかき集めることができ、その月の支払いはすべて完了しました。そして、翌月にはすべて完済し、現在も私の会社は続いています。

身内に借りるくらいなら、消費者金融に借ります。

身内からも消費者金融からもお金を借りたことはありません。ただ、以前主人は勝手に消費者金融から借入していて、その返済を私がしたことはあります。

実際借りると、金利が低いと言っても金利がゼロでないかぎり、やはり利息がつくので、借りた元金よりも多く返済しなければなりません。返済する時、その利息分がとてももったいない気分になりました。私としては本当に無関係な借り入れの、更に無関係な利息だったので、なぜこのお金を手放さなければならないのか、と強く感じてしまったんです。

しかし、借入するのが、身内ではなく消費者金融で良かったとも、同時に思いました。身内だと、好意で利息なしにしてくれることでしょう。もちろんそれは有りがたいのですが、その分、いつまでも、「借りた人」「貸した人」という上下関係が消えなくなってしまうと思うんです。

いつまでも肩身のせまい思いをしなければなりません。タダほど高いものはない、と言いますが、借入も、利息なしの場合の方が結局はお礼などで高くついてしまうものです。

お礼の品で高くついて、今後も心苦しさが付きまとい、いつまでもお金を借りた人と言うレッテルを貼られるくらいなら、全く見知らぬ金融機関から、形式通りにお金を借り、利息も支払って、返済を終わらせた方が、後々スッキリ帳消できると思うんです。

もちろん、お金は借りないにこしたことはありません。本来は借りるのではなく、お金を貯めて、必要な時に使用できるようにしていくことが理想です。

でも、万が一借りなければならなくなったら、私も主人と同じで、消費者金融に借りると思います。

クレジットカードは大事なパートナーどこを選ぶかで幸せ度が変わる

今の時代、クレジットカードは1人に1枚でなく1人で数枚持つのが普通になっています。確かにこのお店ではA社のカードは使えるけどB社のカードは使えないとか、違うお店ではその逆もあったりすることを考えれば数枚持つのも正しい選択肢かもしれません。けれども複数枚持つことが果たしてお得になっているのでしょうか。私自身の答えはNOだと思います。複数枚持つことでポイントや還元が分散され、どのカードでどれくらい使ったのかを把握するのも一苦労だったりします。そういうデメリットを無くすためにも使えるクレジットカードは1枚に絞るのが理想だと思います。

ベストな1枚を決めるために重要なポイントは3つあると思います。
1つ目は「数多くのお店が対応していること」
クレジットカードを作ったのはいいけれど、使えるお店が少ないではお話になりません。便利なものであるはずのクレジットカードが不便なものになってしまいます。対応店の多さが1つ目のポイントとして上げられます。
2つ目は「ポイントの還元率」
いくら使えばいくらの%で戻ってくるのか。それはキャッシュバックなのか、それとも商品との交換なのか、その商品は充実しているのか、などが考えられます。もちろん還元率は高ければ高いほどお得になります。各カード会社のHPなどでどれくらいバックされるのか調べてから選ぶことが大事だと思います。
3つ目は「特典と付帯サービス」
初めてカードを作った人には○○ポイントプレゼントや年会費無料などがよくある特典としてあります。これも大々的にカード会社のHPに掲載されている場合があるのでそこに注目するのも大事だと思います。付帯サービスはカードを作った人は無料で保険に加入出来るとか、旅行などでカード使用された方はワンドリンクサービスなど色々とあるようです。

私自身が考えるポイントとして3つ上げましたが、私がカードを作ったきっかけは、3つ目のポイントにある「初めてカードを作った人は○○ポイントプレゼント」という目先の欲に釣られてしまい作ったというのが紛れもない事実です。

お金さえあればではないけどお金が必要なとき

どうしてもお金を借りたいと思う時はあります。どんな時かといいますとそれは生活に困ったときです。

私の場合毎月の給料はごくわずかです。人に言えないくらいの金額です。子供もいますし、ローンも沢山です。毎日頭が痛いのです。

かといってサラ金にはまだ手を出しておりません。でもどうしても借りたいとき例えば子供にこれくらいは食わしてあげたいな~とかこれくらいは買ってあげたいな~とか私も親ですから思ったりします。

しかし金貸屋からはかりませんね。それはなぜかといいますと、食べ物でいうなら味がないからです。洋服でいうならその服の魅力が薄くなるからです。ですから私はサラ金には一切手を出しません。

でも、何百万というお金がいつ必要になるかはわかりません。ひょっとしたら手を出さなければならない出来事がこれから先あるかもしれません。毎日大切に生きていきたいものです。

ちなみに私はほんとうにお金に困ったら(返せる額)姉に借りることに決めています。これまでも何度も助けていただきました。

やさしい私の姉です。感謝しています。

キャッシングとローン

キャッシングとは、銀行や消費者金融などの金融機関が利息を得ることを目的に、資金を必要としている(お金を借りる)個人などにお金を融資するものの一つの形態です。個人向けで比較的少額のものをいいます。

法人向けや個人向けでも比較的大口の融資はローンといいます。ローンは目的を持った融資の場合がほとんどで比較的高額であるため、お金を借りるほとんどの場合は何がしらの保証や担保が必要となります。

マイカーローンなら、買った車は自分の所有にすることはできず、ローンの支払いが終わるまでは、ローン会社やディーラーの所有となります。住宅ローンであれば当然ながらその住宅が担保になります。住宅ローンでなくても不動産を担保に融資をする不動産担保ローンなんかもあります。

逆にキャッシングは目的を問わないのが普通で、少額の個人向け融資でも目的があるものは目的ローンとか呼びます。また、担保や保証人も原則必要がなく、50万程度であれば免許証などの身分証明書だけで融資を受ける(お金を借りる)ことができます。

もう少し高額(50万以上から300万円程度)であれば、身分証明書のほかに所得を証明する書類も必要となります。

今どきの商品

現在主流となっている商品は、審査により借入れできる上限が決まり、その利用限度額によって貸付利率が決まります。

お金を借りる人はカードを持ち、利用限度額の範囲内であればいつでもATMで借入れできるものが多いようです。支払いはクレジットカードのリボルビング払いのような感じですが、いつでも好きなときに前倒しで支払いができます。支払いもATMからできるので便利です。

クレジットカード

信用により持つことができるクレジットカードもキャッシングをすることができますが、もともとショッピング用のカードなので、専用のカードに比べるとお金を借りる金利は高いのが特徴なので注意しましょう。